Interview

インタビュー

「あらゆる技術分野に触れたい」願いが叶った職場

PLAY社員の写真
OTTサービス事業部
LOGICAプロダクトサポートグループ
名前

前職では5年間、SES企業にて証券や流通業、旅行業界などに向けた業務系システム開発に従事。システムの全体像が見えない中、一部の工程のみに携わることに疑問を感じ、転職を決意。幅広い技術分野に挑戦すべくPLAYに入社し、現在に至る。

現在の仕事内容を教えてください

お客様と並走し、自社製品をブラッシュアップする

動画配信サービスを管理するためのCMS『LOGICA』の新規機能開発とお客様への導入支援を担当しています。ご要望に対して個社ごとのカスタマイズ対応とするか、汎用性や既存機能との親和性を考慮しながら新機能追加の検討をするなど、要件定義や設計からリリースまでお客様と伴走するのがミッションです。

株式会社PLAYならではのやりがいは何だと思いますか?

自分の携わったサービスが多くの人たちに届く喜び

様々な動画配信サービスに関わることができるところです。誰もが知っている有名動画配信サービスを運営する企業様と仕事ができるのはPLAYならではの魅力だと思います。目の前のお客様の要望にきちんと応えることが最も重要ですが、その先にいる動画コンテンツを楽しんでくださるエンドユーザーの皆さまに自分が携わったサービスを使ってもらえているのだと改めて実感します。

仕事でうれしかったことや達成感が得られたことを教えてください

エンジニアとして幅が広がる知識の習得

入社後すぐに、Golangで実装されたサブシステムの改修タスクを担当し、大幅にパフォーマンスを向上できたことです。もともとGolangは未経験かつ興味があった言語なので習得したいと考えていました。このタスクを通じて、並行処理とKVSを用いた大量データ処理も経験することができ、エンジニアとしての幅を広げられたと思います。

職場環境で魅力的なところは?

柔軟な働き方ができる環境が整っている

前職ではお客様先オフィスでの業務が中心でしたが、PLAYは在宅勤務制度を導入しているので、自宅で仕事をすることもあります。入社時にMacBook Proを貸与されたので、自宅にいながらオフィスと変わらない環境で仕事ができ、満足しています。

今後の目標を教えてください

LOGICAの導入支援を先導する、リーダーに

LOGICAはあくまで「動画配信サービスの裏側を管理するCMS」なので、単体ではサービスの実現にはつながりません。サービスを運営するお客様に導入いただくプロダクトです。さまざまな機能を備えているため、未だ全体を深く把握しきれていませんが、これから経験を積むことで、お客様への導入プロジェクトを牽引するリーダーを目指しています。

PLAY社員の写真

Other

他のインタビューを見る

Entry

エントリー

選考をご希望の方は、
こちらからご応募ください。

エントリーフォーム